京都の〈色んな〉とこ。

今日は、自分の展示の準備もしないといけないんだけど、他の行きたい展示があるのとスタッフで参加している「Bodaiju Festa」のリーフレットを配るため、京都市内を何軒か回ってきた。

まずアスタルテ書房さん。

普通のビルの2階にある古本屋さん(?)だけど、mixiでもコミュニティができているほど、知る人ぞ知る本屋さん。

僕は長年京都にいるけど、ここの存在を知ったのはつい最近。

「Bodaiju Festa」でも出展してくださる金子國義さんの銅版画集も出版されているという好きな人にはたまらない場所です。

僕がわざわざ書くほどのことでもないけど、金子國義さんはもちろん、澁澤龍彦・生田耕作・中井英夫、バタイユ、マンディアルグあたりの名前にピンと来たら垂涎モノの本が並んでます。

僕も金子さん関連の商品、いくつか購入。

これはこのアスタルテ書房さん刊行の金子國義・銅版画集「METONYMIE」の見本です。

(本物はさすがに僕は手が出ません(>_<))

その後はギャラリー風蝶庵さん。

僕も出品していた桜Exhibitionの京都展の会場ということもあって、知り合いのイラストレーターさんなんかが展示されることがあるのでたまに行ってますが、今日もここでコーヒー飲みながら、さっき買ったばかりの金子さんのパンフレットなんかを眺めるのでありました。

いつも贅沢な気分になるんですよね、そうしてると、なんか…

次にギャラリーmainさんのフォトコンテスト公募展

この企画自体、僕も以前から聞いてて、出してみようかなぁ、などと思っていたけど、他の出品者の作品を見て、僕ごとき素人のお遊び写真なんぞ出すのは失礼にあたる!と思い、やめました、はい。

さすがに今回の出品者の方々は皆さん「素」で巧い人ばっかりでした。

最後にFactoryKyotoさんで、「蛇目 アクリルスクラッチ作品展」。

蛇目さんは何度か他のアートイベントなんかでご一緒して、この前はピースサマーで一緒だった。

たまたま、自分の北加賀屋での展示のフライヤーを配りに、大阪のカフェやギャラリーを回ってるときにふとこのDMが目にとまり、一目で蛇目さんてわかったので、京都でやるなら、と観に行ってきた。

アクリル絵の具を何重にも重ねて、それを削って作品にしてしまう蛇目さんの作品は無二の存在感。

FactoryKyotoさんの内部と相まって、アブナイ感じがぷんぷんしてましたね。

凄絶です。

FactoryKyotoさんの方ともちょっと話してきたけど、なかなか面白い所なんで、この近辺、なぜかアートスペース(あえてギャラリーといわなかったりして…)が出来てるみたいだし、ちょこちょこ絡めたらいいな、と思った次第でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です