Lee Negin “Hungry Ghost” ブックレットのアートワーク

2月1日発売となる、韓国在住のアメリカ人ミュージシャンLee Neginのニューアルバム「Hungry Ghost」のブックレットのアートワークを一点制作していたのですが、そのCDができあがり、送って頂きました。

昨年の夏myspace経由で、Lee Neginさんが次のアルバムのブックレットのアートワークを、色んな国のアーティストに制作してもらおう、と探していたということで僕の所にもお話しが来た、という次第です。

しかも、それがIllustratorで描いた蒼い鶏ではなく、Photoshopで創っていたフォトコラージュを観て、僕に連絡して頂いたようです。

元々田島照久さんの本をみてMac始めた人間なので、音楽関係のデザインは以前からやってみたかったのですが、いきなり海外からそんな話しがくるとは思いませんでした。

しかも他の国の方々との「競作」です。

実際に僕が創ったのは上の2点で、左側のものがブックレットに掲載されています。

Lee Neginさんは東洋思想に関心が高く、チベット仏教に禅から老荘思想にまで興味があるようなのですが、西洋人がこうしたオリエンタリズムをビジュアル化すると、やたら派手になったり目が痛い色使いになることが多いのですが、一応現役東洋人である僕としてはそうした作り方に違和感があるので、重厚かつ心の底から湧き出す荘厳なエネルギーのようなものをイメージして制作しました。

肝心の収録曲の方ですが、非常に興味深いものになってます。

ジャンルとしてはテクノ、エレクトロ・ポップあたりですが、YMOからドアーズまで好きな僕としては、かなりストライク・ゾーン。

個人的には

「Masks」

「Mahayana」

「CheeseTakes on the N.A.N.ites」

あたりがお気に入りです。

ちなみに「Mahayana」の歌詞のページの右側が僕の作品です。

ただ、インディーズなので、店頭で見つけやすいかどうかは僕ではわかりませんが、日本だと「Top Music Japan」というサイトで、「Hungry Ghost」を購入することができます。

ぜひぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です