川村カオリ「re-birth 20090123」(DVD)

買いそびれていた川村カオリさんのバースディライヴのDVD「re-birth 20090123」をやっと買ってきた。

一回だけクラブイベントに行っただけで、ライブには行けずじまいだった僕には貴重な映像でもある。

そのうち余裕のある時に、と思っていたけど香典がわり、と思って買ってきた。

昔の「見つめていたい」や「金色のライオン」なんかは当時の若くて純粋な声で聴くのもいいけど、今こうして20年の歳月を経てもカオリさん個人の真摯さに深みが加わって、現行のどんな曲よりもはるかに良い。

カオリさんといえば、タトゥがあったりタバコをくわえた写真があったりしたためか、あまり一般受けしなかったのかもしれないけど、やっぱり無二の存在だったんだな、と再確認した。

幸か不幸か、亡くなった後に観たため「まだこの頃は顔色も良かったんだな」とか要らぬことを考えてしまうし、メイキング映像自体が追悼モノに見えて困ったけど、作品制作に向き合うという姿勢それ自体が優れた作品にもなるんだ、ということを示してくれた。

できれば、5月のC.C lemonホールのライヴも映像が残っているならDVD化して欲しいな、と思った。

でも色んなゲストミュージシャンが出てるから契約問題がうるさそうだし、難しいかな。

もっとも出すなら出すで、ちゃんと娘さんにも印税が入るようにしてもらいたいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です