初タブレットにU25GT購入。

tablet
先日、初タブレットを購入した。
完全Macユーザーの僕にしては非常にめずらしくAndroidである。
iPadでないのは諸事情(そう「諸事情」というやつである…)によるものだけど、
iPadはちゃんとした用途に使うためいずれ買うつもりだとはいえ、
僕が普段使っている5型の電子書籍リーダーで読みにくい物などを読みたい時、
iPadでは大げさ、かといって大きめの電子書籍リーダー買うなら、
安いタブレットの方がいいんではないか、と思ったのである。
(先日無料配信されたYahooの手塚治虫作品をiPhoneで読んでると目が痛くなったから、というのは内緒。)

Androidには全然詳しくないので、ちょっと調べて、
いわゆる中華タブレットというやつから物色した結果、
「安かろう悪かろう」「当たり外れが激しい」と評判(?)の中華タブレットの中でも、
Amazonで割と評価の高いHanyeTech U25GTというモデル。

tablet02
背面ロゴの漢字のレタリングがなかなか可愛くて結構気に入ってるのであるw

またこの値段のモデルだとGooglePlay未対応、というのもあるらしいけど、
これは対応してるし、7インチでも画面解像度は1024×600dpiなので、
ちょっとした使い方なら充分だと判断。
600gは重たいのかもしれないけど、別に持ち歩くつもりはないのでこれも問題なし。

初期不良の怖れも覚悟してたけど、今のところ特に問題なし。
Androidを使うのは初めてだったけど、wifi接続も特に説明書みなくてもなんとかなった。
まだ使い勝手になれてはないので、これなんのボタンやねん、と思うことは多々ではある。

ただ、これは安物のせいなのか、Androidのせいなのかはわからないけど
タッチパネルの精度があんまりよろしくなく、Webサイトを見てても
ボタンやフォームで違うところがクリックされたり、キーの打ち間違えの頻度もiPhoneよりなぜか多い。
また、常時Macを使ってる僕としては、モニタの色がどぎつくて少々疲れる。

とはいえ、とりあえず一週間で壊れる、なんてことがなければいい、ぐらいに思っていたのでまずまずの満足度。
後は防水方法を考えて風呂でhuluとか見たいな、とか思ってる。

せっかくのAndroidなので、やっぱり電気羊の夢を見せてやりたい、なんてことも思ってるんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です