Classilla – Mac OS9 用 ブラウザ

以前、まだNetscape Navigator 4.xを使っている人がいて驚いた、という記事を書いたけど、なんと、まだMac OS9用のブラウザが開発されていた。

2003年に開発の終わったWamComをベースに、Firefoxの技術を採り入れつつ改良されたという「Classilla」だ。

家ではOSXを使っているけど、仕事先ではいまだOS9の小生、ネット閲覧にはかなり不具合が多い。

そもそもクラシック環境で使えるブラウザ、といえば、Netscape 4、6、7、IE5、Opera6、iCabぐらいしかなく、あとはMozilla系のNetscape 7の親戚みたいなMozilla1.3、WaMCom和ジラがある程度。

いずれも試してみたけど、IE5は元々CSS対応がひどい欠陥品の上に、Ajaxは全く使えない、Netscape 4はCSS確認用としてはIE5より使えない。

仕事先のMacは、DTP業務用のアプリケーションやら何らがいっぱい入ってるためコンフリクトを起こしやすいのか、世間では軽いと評判のいいWaMComも和ジラも、不安定すぎて使用にたえない。

同様にOpera6も落ち捲るし、iCabもなぜかバージョン3になっておかしくなった。

Firefoxのクラシック版があればいいのに…と思いつつ仕方なく、Netscape7をずっと使っていた。

ところが、たまたまこの「Classilla」を見つけたわけである。

早速インストールしてみると、確かに若干表示が早くなっているような気はする。

ただ、やはり不安定なのと、レイアウトがものによってNetscape7よりくずれているケースもあり。

(なぜか、Googleで「Classilla」と入れて検索ボタンを押すと落ちる(爆))

これは、またClassillaが出たばかり、ということよりも、うちの環境の問題もあると思うので、Classilla自体の不具合かどうかはわからないけど。

そこで、Classillaのサイトにあったように一度、元々あったNetscape関係のファイルを全部捨てて、まずClassillaをインストールしてみる。

やはり落ちやすいので、再度Netscape7をインストールしてみると、なんか心なしかNetscape7まで早くなっているような気がする(^^;)

まだ、現状では(僕の使用環境では)Classillaインストール後のNetscape7が安定しているようだけど、まだまだ開発は始まったばかりなので、プログラミングの腕に覚えのある方は是非最強のMac OS用ブラウザを作ってくださいませ。

なお、ついでに書いておくと、ブラウザを新規インストールした場合、Flashのプレイヤーが入っていない場合があります。

OS9で使えるFlash playerの最新版はver.7でして、

http://www.adobe.com/jp/support/flashplayer/ts/documents/tn_14266.htm

からダウンロードできるようです。

「 Flash Player 7 」からDLしますが、これは開発環境のためのテスト用ファイルですので、解凍するとWin用やらLinux用やら一杯入ってますのでRead Meファイルを参照しつつインストールしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です