IE6の「葬儀」

ie6funeral

またまた笑えるニュースである。

昨年ぐらいからアメリカのWeb企業のみならず、You TubeやtwitterさらにはGoogleからも追放されつつあるIE6だが、とうとうお亡くなりあそばされたそうで、4日に「葬儀」が行われたらしい。

この「葬儀」はアメリカのAten Design GroupというWebデザイン企業による、その名もIE6 Funeralという企画で、その模様はなんとflickrや、こちらのサイトでは動画もご覧になれます。

ちなみに、「IE6 Funeral」によると、IE6として親しまれてInternet Explorer 6は、2010年の3月1日の朝、googleの労災のため、息子のIE7と孫娘のIE8を残して逝ってしまわれたらしい。

弔電(?)もさすがに皮肉たっぷりですな。

ちょこっとあちこちのブログをのぞいてみると、やはりWeb関係者は喝采しているようだ。

それはそうだろう、どれだけこの欠陥ソフトに狂い死にさせられそうになったことか。

Web専門でない僕ですら、「フットルース」のPTA連中みたいにIE6集めて火つけたいぐらいなんだから。

言ってみれば、欠陥のある車があって、大量に町を走っているのにメーカーもユーザーも改善する気がなく、周りの車や自転車や歩行者までが、その車を見ると道をあけて通っているため、道路が大混雑しているような状態で、

それにもかかわらず、どれだけの苦情があろうとも頑としてリコールを受け付けないメーカーと、「お前がこっちに合わせろよ」という不遜なユーザーのために他の市民が大迷惑しているようなもの。

ほんとにいい加減にしてもらいたい。

こちらの「IE6を永眠させるべき10の理由」という記事も読んでIEは捨てましょう。

しかし、このブログのアクセスの3割以上はいまだIE6。

「亡霊」が消え失せるのはいつの日か…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です